高齢・若年層の自殺が深刻

高齢者と若年者層の自殺が深刻になっていることが、2016年版の自殺対策白書で指摘されています。今年で自殺対策基本法が出来て10年になるそうで、10年になるのを機に自殺者の年齢構成の変化を調査しました。まず男女ともの70歳代以上の自殺率が増加しているとのこと、全体の自殺者の割合は減少傾向にあるようですが、その他若年層の自殺者も増加しています。特に19歳以下の自殺が上昇傾向にあるようで、悲しいことです。自殺の理由や主な原因などはニュースには書かれていませんでしたが、対策白書を見て調べてみたいと思います。

14年には死因の原因の1位が自殺だった年齢層が、15~39歳でした。特に20-24歳では死因の半分を占める50.8%が自殺だそうです。2人に1人は自殺が原因で亡くなっていると思うとやり切れません。同世代の身として考えると、多分原因は就職とかそういったものが絡んでいるのではないかと感じます。しかし、自殺と認定された人でも、実は自殺でない場合もあるのかなと少し考えてしまいます。自殺防止対策がより効果が出るか、自殺したくならない社会づくりが進んで欲しいです。

オバマさんが広島平和公園訪問された

伊勢島サミット終了後にアメリカ大統領のオバマ氏が広島平和公園を訪問されました。
現役の大統領の広島訪問に広島市民だけではなく全世界が注目していました。
私も大変興味があり、その日は夕方からテレビにかじりついた状態でした。
岩国基地におりたったオバマさんは基地の中でスピーチをして岩国基地から広島ヘリポートまで行き、そこからは公用車で広島平和公園に向かわれました。
オバマさんはアメリカの大統領で、それはそれは大切な方なのでSPの数は凄くて警備もピリピリムードがテレビから伺えました。
広島平和公園前には凄い数の見物客や警備や本当にビックリしました。
平和公園に到着され安部総理がお出迎えされて二人は関係者の皆さんを従えて平和資料館の中に入っていかれました。
10分経って平和資料館の中から出て来られて安部総理と共に平和公園の慰霊碑に向かわれて黙祷されました。
それから被爆者や関係者の皆さんの前でスピーチをされました。素晴らしいスピーチで胸が熱くなりました。
続いて安部総理がスピーチをされオバマさんは、被爆者代表の方二人と面会をされました。
この度のオバマさんの訪問は本当に歴史に残る訪問だったと思います。

北海道補欠選挙から考える政治家の発言

北海道第5区補欠選挙があり、現在自民党推薦の候補者と無所属で野党共同推薦の候補者の一騎打ちとなっています。当然テレビでは2人の街頭演説の様子などがひっきりなしに映され、嫌が応にもその主張を耳にしています。自民党の候補者は北海道の人ではありませんが、「北海道のために命をかけて頑張ります」といった発言があったり、野党の候補者は「誰1人置き去りにはしません」などといった発言が聞かれます。2人とも国民の声を政治に届けますといった事を言っていますが、選挙のたびに思うのです。政治家が話を聞くのは選挙の時だけではないかと。自民党の候補者はそもそも北海道の方ではなく、夏に参議院議員選挙があるのにどうして地元から出ないのだろう?地元の声はいいのか?と思います。政治家は選挙に受かる事がゴールで、受かってから地元の声を選挙の時のように一生懸命聞くために汗を流していないように思います。本当は選挙に受かって本当に国会に声を届けられるようになってから、地元をくまなく回って意見、陳情などを聞いて欲しいのです。今回の補欠選挙を見て、今は良い事を言っているこの人達もいずれは地元で顔を見なくなるのだろうと思いました。

なぜか視聴率が良くない福山雅治主演の月9

福山雅治さん主演の月9「ラヴソング」が予想外に視聴率が悪いとのことです。1回めの視聴率が10.6%というのには驚きました。昨年、吹石一恵さんと結婚したからとはいえ、これほど低いわけは何なのでしょうか?このドラマは王道のラブストーリーということでどんな風なのか興味を持って見ましたが、ちょっと変わった感じでした。まずヒロインの女性が吃音症というコンプレックスをかかえながら生きているという設定に少し驚きました。新人の初めて見る女優さんなので吃音でも違和感はありませんでしたが、普通のラブストーリーとは違う雰囲気なのが視聴率の低い理由なのかもしれません。また、彼女は福山さんとは実年齢で27歳も差があるそうで、あまりにも年が離れすぎていて恋愛関係になるのはどうなのかなという感じもあります。1話のラストシーンは、ヒロインの女性がが福山さんのギターに合わせて涙をうかべながら「500マイル」の曲を歌います。かなり長いシーンですが良かったです。吹き替えはないということです。月9にしては少し暗い雰囲気ですが、これからどんな展開になるのか、視聴率や評価はどうかなど楽しみにしながら見ていきたいと思います。

関西テレビの中継者がガソリンスタンドでまさかの割り込み

関西テレビの中継車が、ガソリンスタンドで給油を待つ車列に割り込んで、先に給油を行っていたというニュースを見ました。
ツイッターへの書き込みから発覚したということで、インターネット上でもかなり話題となっていたため、私も元のツイートを確認しました。
ツイートされた方のお母様が、「他の人もいるので並んでください」と伝えたところ、無視して先にガソリンを入れていたという内容で、呆れて物も言えないというのが正直なところです。
しかし同時に、私はある危険性にも気づきました。
今回は相手がすぐに非を認めてくれたからよかったものの、もしも認めなかったときはどうなるのだろうかと想像したのです。
ツイッターを使って情報を拡散していますから、インターネット上で「どちらが悪いのか」という騒ぎになることは、おそらく避けられません。
その結果、ツイートした本人までもが巻き込まれ、思わぬトラブルに発展する可能性もあると思うのです。
今回関西テレビの中継車が行った行為は許されないもので、私も強い憤りを覚えます。
しかし同時に、SNSによる情報拡散の危うさについても、思わず考えさせられるニュースでした。

今回の熊本地震に思うこと

今回大地震が熊本で起こりまだ収束の見込みもないというニュースが毎日耳に入ってきます。
これだけ日本中至る所起こっているのを見ると、他人事とは思えなく、まして今回の地震に関しては今までとは違う地震の様で、専門家も予測がつかないという益々恐怖が募るような見解を述べておられました。
地震の予知や、活断層の研究を専門家がされていますが、結局は本当の事は解っていないのではないでしょうか。
今回本震と言われていたものが起きた後、この後は余震が続くのみだといわれていました。それを聞いて避難所から家に帰られその為に折角一回目の地震では無事だった命が失われてしまった方がおられた事が残念でたまりません。
この際地震に関して解らない事は解らないと言ってもらった方がまだよいのではと思ってしましました。
私にも現在それぞれ病気を抱えた高齢の両親と小型犬がいます。私は未婚なので頼れる旦那さんもなく、いざ自身のに身起きたとしたら、私が家族を守るしかないのです。それを想像しただけで不安で一杯です。でも今正しくそのさなかに身を置かれている方が多数おられます。
一日でも早く方全員が安心して居られる場所を確保されることを祈るのみです。