なぜか視聴率が良くない福山雅治主演の月9

福山雅治さん主演の月9「ラヴソング」が予想外に視聴率が悪いとのことです。1回めの視聴率が10.6%というのには驚きました。昨年、吹石一恵さんと結婚したからとはいえ、これほど低いわけは何なのでしょうか?このドラマは王道のラブストーリーということでどんな風なのか興味を持って見ましたが、ちょっと変わった感じでした。まずヒロインの女性が吃音症というコンプレックスをかかえながら生きているという設定に少し驚きました。新人の初めて見る女優さんなので吃音でも違和感はありませんでしたが、普通のラブストーリーとは違う雰囲気なのが視聴率の低い理由なのかもしれません。また、彼女は福山さんとは実年齢で27歳も差があるそうで、あまりにも年が離れすぎていて恋愛関係になるのはどうなのかなという感じもあります。1話のラストシーンは、ヒロインの女性がが福山さんのギターに合わせて涙をうかべながら「500マイル」の曲を歌います。かなり長いシーンですが良かったです。吹き替えはないということです。月9にしては少し暗い雰囲気ですが、これからどんな展開になるのか、視聴率や評価はどうかなど楽しみにしながら見ていきたいと思います。

関西テレビの中継者がガソリンスタンドでまさかの割り込み

関西テレビの中継車が、ガソリンスタンドで給油を待つ車列に割り込んで、先に給油を行っていたというニュースを見ました。
ツイッターへの書き込みから発覚したということで、インターネット上でもかなり話題となっていたため、私も元のツイートを確認しました。
ツイートされた方のお母様が、「他の人もいるので並んでください」と伝えたところ、無視して先にガソリンを入れていたという内容で、呆れて物も言えないというのが正直なところです。
しかし同時に、私はある危険性にも気づきました。
今回は相手がすぐに非を認めてくれたからよかったものの、もしも認めなかったときはどうなるのだろうかと想像したのです。
ツイッターを使って情報を拡散していますから、インターネット上で「どちらが悪いのか」という騒ぎになることは、おそらく避けられません。
その結果、ツイートした本人までもが巻き込まれ、思わぬトラブルに発展する可能性もあると思うのです。
今回関西テレビの中継車が行った行為は許されないもので、私も強い憤りを覚えます。
しかし同時に、SNSによる情報拡散の危うさについても、思わず考えさせられるニュースでした。

今回の熊本地震に思うこと

今回大地震が熊本で起こりまだ収束の見込みもないというニュースが毎日耳に入ってきます。
これだけ日本中至る所起こっているのを見ると、他人事とは思えなく、まして今回の地震に関しては今までとは違う地震の様で、専門家も予測がつかないという益々恐怖が募るような見解を述べておられました。
地震の予知や、活断層の研究を専門家がされていますが、結局は本当の事は解っていないのではないでしょうか。
今回本震と言われていたものが起きた後、この後は余震が続くのみだといわれていました。それを聞いて避難所から家に帰られその為に折角一回目の地震では無事だった命が失われてしまった方がおられた事が残念でたまりません。
この際地震に関して解らない事は解らないと言ってもらった方がまだよいのではと思ってしましました。
私にも現在それぞれ病気を抱えた高齢の両親と小型犬がいます。私は未婚なので頼れる旦那さんもなく、いざ自身のに身起きたとしたら、私が家族を守るしかないのです。それを想像しただけで不安で一杯です。でも今正しくそのさなかに身を置かれている方が多数おられます。
一日でも早く方全員が安心して居られる場所を確保されることを祈るのみです。